タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

ホアヒン女一人旅②チョコデザートはもちろん料理も生バンドも♪「Chocolate Factory」

女一人旅でホアヒンへ行って、どこで遊んで来たかの記録です。

何かの参考になればと思います。

バンコクからホアヒンへの行き方と帰り方【2018年度版】

ホアヒン女一人旅①柴犬がいっぱい「INU CAFE」

ホアヒン女一人旅③レンタルバイクならどこでも行けるし「カオタキアップ」へ

ホアヒン・どこでご飯を食べるか

ホアヒンに一人で行って、どうしようか悩む事、それは食事処ですよね。

一人で入りやすく、かつホアヒンならではな感じで、お店も綺麗な所を求めます。

そしてこちらのお店、まだ出来て1年くらいだったと思うのですが、話題のお洒落レストランとして挙がってきていたので、行ってみました。

「Chocolate Factory」です。

f:id:nabikotan:20180808191641j:plain

ホアヒン・チョコレートファクトリーの場所

ホアヒン中心地、、どこと言われると困りますが、個人的に電車のホアヒン駅からヒルトン周辺のあたりが、徒歩観光者にもあちこち散策できるということで中心地だと思っています。

このお店は、大通りに面しているヴィラマーケットの道路向かいにあるので、すぐ分かります。

f:id:nabikotan:20180808192017j:plain

建物に入るとすぐ奥には、チョコレート製造をしています。

ガラス越しに見学できます。

f:id:nabikotan:20180808192114j:plain

チョコレートファクトリーのお土産売り場

そしてここで作ったのか分かりませんが、お土産のチョコ売り場があります。

少しお高めなチョコなので、贈り物にぴったりですね。

空港のお菓子売り場のような雰囲気です。

レストランでは食事せず、お土産だけ買っていく人も多くいるようです。

f:id:nabikotan:20180808192240j:plain

店内はそうとう広くてゆったり快適

店内は広々としていて、テーブルの感覚も広いです。

明るくてファミレスのような勢いです。

なびこが行ったときはタイ4連休、、、カップルや大家族での利用者が多く、一人客は見渡す限りいませんでした。

ディナーだったら一人は寂しいくらいテーブルも広々しているのですが、ケーキと珈琲だけの利用なら、ありでしょう。

f:id:nabikotan:20180808192502j:plain

店構えに対して、価格は良心的

お店の外見が豪華なため、どきどきしてテーブルにつきました。

いざメニューを見ると、ケーキは100バーツ前後からあり、ドリンクも同じくらいの価格でした。

ホワイトチョコケーキを注文してみました。

食べてしまって写真はないのですが、ものすごくチョコ味が濃厚で、チョコそのものでした。

生チョコをそのまま食べているようです。

ケーキは大きくないのですが、なんと半分食べ残してしまいました。

こぶし大のチョコレートは食べられませんよね、そんな理由です。

美味しくはあるのですが、ごめんなさい、多い。

ホアヒンは見どころいっぱいの静かなリゾート

ホアヒンにはどんどん新しいお洒落なレストランが出来てきています。

田舎であか抜けない雰囲気も魅力でしたが、古い下町の風景も残しつつ、新しい見どころも増えいく様子は、ますます魅力的でした。

夕方から生バンドが入って、演奏が始まりました。

次回は誰かとディナータイムに行ってみたいな。

 

↓ ホアヒンの魅力が伝わったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村