タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

タイの路上グルメ・Roti (ロティ)

路上グルメ・Roti(ロティ)とは

タイの路上には食べ物が溢れていますよね。

炭火焼のムーピン(豚串焼き)やフレッシュカットフルーツとか買ったことある方も多いでしょう。

路上でしか食べられないグルメの中のひとつ、タイ式のクレープRoti (ロティ)をご紹介します。

f:id:nabikotan:20180914112305j:plain

メニューがタイ語なので何の屋台か分かりませんが、鉄板とバナナがあれば大抵ロティ屋さんです。

Roti(ロティ)の種類

メニューの種類は簡単、生地をカリカリに焼いてコンデンスミルクで甘々にしたもの、バナナが入ったもの、さらに卵が入ったものです。

「アオ バナナクレープ!」で分かってくれます。

こちらトンロー通り入ってすぐ左手にいつも出ているロティ屋さんですが、バナナクレープは20バーツ、卵入りは30バーツと格安です。

右下に写りこんでいる棒状のものは、生地だけにコンデンスミルクたっぷりからめたカリカリのやつです。確か10バーツです。

f:id:nabikotan:20180914112537j:plain

まず生地を鉄板の上にうすく広げて、バナナを投入、、、

f:id:nabikotan:20180914112619j:plain

バター(みたいな黄色いペースト)をたっぷりと足して焼きます。

f:id:nabikotan:20180914112707j:plain

裏表カリカリに焼けたら、カットして仕上げはコンデンスミルクをたっぷりかけます。

甘ーいんですけど、暑いタイ、歩き疲れた時にいきなりこういうの食べたくなるんですよね。

ちなみに屋台のおばちゃんは生地をこねたその手で金銭授受をして、さらに生地をこねたりするので、そういうの抵抗がある方はムリですね。

よく焼いてるから殺菌されてるかしら??

ホント美味しいんですよ。