タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

トンローの有名マンゴー店で初めての買い物@Mae Varee

在タイ6年にもなりますが、いかにも王道なみんなが行く有名店に、実は行ったことがなかったりします。

しかも家の近く(というか帰り道で毎日のように通る)という場所にあって、立ち寄ろうと思えばいつでも行けたのにね。

昨日、思い立って初めて立ち寄ってみました。

マンゴー買うならココ!て超有名店「Mae Varee」です。

f:id:nabikotan:20181016191545j:plain

Mae Vareeでのマンゴーの売り方

店先にマンゴーがどっさり山積みにされています。天井からはマンゴーのディスプレイがぶらさがっていて賑やか、誰が見てもどう見てもマンゴー屋であることが分かりますよね。

以前、知人がトンローのマリオットに宿泊したときに、ホテル従業員に「散歩行くならあのマンゴー屋美味しいから行ってみたら」っておススメされていました。

そんなこともあってか、いつも人だかりが出来ています。f:id:nabikotan:20181016191907j:plain

こうして見ると、マンゴーによってお値段全然違うんですね。

でも日本でマンゴー買うことを考えたら、一番高いやつ見ても安いものです。

昔石垣島から贈答品でもらった赤いマンゴーが、1個4000円と聞いて驚愕したものです。

100バーツからマンゴーが買えるタイって、くだものの楽園ですね。

そして、なびこは買い方が良く分からないので、店の中と外をつなぐ窓?にパッキングされて積んであるカオチャオ・マンムアンを購入しました。

カオチャオ・マンムアンとは、もち米にコンデンスミルクひたひたにしたマンゴーセットです。

f:id:nabikotan:20181016192206j:plain

どしっと重いカオニャオ・マンムアンにコンデンスミルクとお米スナックのようなものが付属で付いて、150バーツでした。

常温の状態で積み重ねられていたことがちょっと気になりますが、帰宅してから冷蔵庫に入れればいいかなと、、、。

f:id:nabikotan:20181016192330j:plain

そして自宅で、セラドン焼きの器にそれらしく盛り付けてみました。

マンゴーは乗り切らなかったので、半分です。

それでもすごいボリュームです。

マンゴーは完全に完熟の、甘ーい濃厚マンゴーでした!

カオニャオも甘々で美味しい、甘党にはたまらない組み合わせです。

マンゴーまるごと買ってきても、自分で切ると無駄が多いし手はべちょべちょになるし、アリは来るしで大変なので、カットされた状態で買えるのは嬉しいですね。

食べ終わると、ものすごく満腹&満足感に満たされました。

Mae Vareeの場所

BTSトンロー駅から本当に歩いてすぐなんです。

トンロー通りに入って左手にあります。だいたい人がたくさん集まっているので分かります。

お店を通り過ぎてまっすぐ行くと赤バス乗り場があります。トンロー通り散策で赤バス乗る用事がある時は、必ずこのマンゴ―屋を通ることになりますね。

同じ並びに、甘ーいバナナクレープのRoti屋台もあるので、お腹が空いたらお試しください。

↓ 地図