タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

バンコク・学生ビザ6か月以降の延長はテスト有

現在タイ語学校に通い学生ビザで滞在しています。

早いものでもうすぐ6か月が経とうとしています。

バンコクでは、語学学校で取得した学生ビザ2、3か月ごとに延長手続きをして1年くらいまで伸ばせるような感じです。

しかし6か月より後の延長手続きは、タイの政府機関で簡単なタイ語のテストを受けなくてはなりません。

ビザ欲しさに語学学校に在籍するも、全然授業に出ない不良外国人がたくさんいるようです。

その人たちにはビザをあげたくないから、テストを設けて本当に勉強してるかチェックするんです。

それを今週受けてきましたよ。場所は「Ministry of Edcation」です。

最初学校のスタッフがミニタリーオフィスって言っていた気がして、え?軍??ってあせったけど聞き間違いでしたね~。

f:id:nabikotan:20181102171927j:plain

このあたりは政府や軍の建物がたくさんあって、道路も広くて綺麗で整備されています。

普段歩いているガタガタの歩道とは比べ物にならないほど綺麗な道でした。

この施設もとても広く、写真は入ってすぐにあった素敵な建物ですが、庭も広くとても手入れが行き届いていました。

学生ビザ延長のためのテスト内容

テストの内容はとても簡単でした。

「名前は?どこから来たの?」

「バンコクの住まいはどこ?」

「なんでタイに来たの?」

「日本大使館の場所はどこか知ってる?」

「タイ語上手ねぇ~」 ←嬉しいお言葉

などなど、係員とタイ語で簡単な会話をします。内容自体は簡単ですよね、緊張したけど。

あとは、タイ文字の書かれた紙を渡されて、上から読んでみてってやつです。

มีเวลาพอ・・・ミーウェーラーポー??

とまあ、難しい変則ルールを用いたものではなくそのまま読めば良いような簡単なやつでした。

f:id:nabikotan:20181102172603j:plain

会話と読みと合わせて5分以内で終わった気がします。

なにも問題なく終わりました。きっとこれで難なく延長できるはずです。

現在学校のタイ文字授業もまあまあ進み、毎日変則ルールの文字について教わっています。

とても使いこなせるようになると思えないんだけど、、、

そのうち勉強内容についてもまとめようと思います。

 ↓ タイ語学校についてはこちらに記事にしました。

nabikotan.hatenablog.com

 ↓ 参考になったらポチっとお願いします。


にほんブログ村