タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

バンコク・リバーサイドの遊び方@ミレニアムヒルトン

いよいよ明日、川向うのアイコンサイアムがオープンするみたいですね。

クラスで話題になってて知りました。

まだ絶賛工事中の中、予定とおりオープンしちゃうのもタイらしいところです。

それでちょっと前に滞在したヒルトンの話でも書こうかなと思い出しました。

バンコクに住んでいるのに、わざわざホテルステイしてみるのって、とても贅沢でゆったりした時間を過ごせておすすめです。

連休じゃなくても大丈夫、土日とかに旅行者気分で泊まっているのも良いものです。

そして私たちは、川向うのミレニアムヒルトンに一泊して遊んできました。

f:id:nabikotan:20181109165814j:plain

ミレニアムヒルトンは、アイコンサイアムのすぐ隣です。

日陰にならないか心配でしたが、大丈夫なようでした。

f:id:nabikotan:20181109165901j:plain

BTSサパーンタクシン駅より、ホテルの無料シャトルボートが出ています。

川沿いのいろいろなホテルからボートが発着します。

f:id:nabikotan:20181109165957j:plain

乗船10分程度でホテルに到着です。

天井高くて高級感がありますね~。

予約はAGODAでとりました。他の高級ホテルもそうなんだけど、同じヒルトンでも、バンコク市内とリバーサイドを比べるとなぜかリバーサイドの方が各段と宿泊料がお安いのです。

旅行気分にワンデートリップするのに手ごろで良いですよ。

ちなみに土曜泊で、3500バーツ(朝食付)でした。

ヒルトンの朝食だけでも結構な価値があるので、込みでこのお値段はかなりお得ですよね。

だってバンコク市内とか、パタヤとかホアヒンのヒルトンは1泊6000バーツ軽く超えますもの。

f:id:nabikotan:20181109170333j:plain

その一番安いお部屋からの眺めです。チャオプラヤーを行きかうクルーズ船なんかが行ったり来たり、、、遠くに来た感があります。

f:id:nabikotan:20181109170423j:plain

ところでヒルトンG階に、チョコレート専門カフェがあります。

板チョコが売られていました。買わなかったけど、象の模様入りで贈り物にピッタリ。

f:id:nabikotan:20181109170529j:plain

ここで3時のカフェとしたのですが、ラテローンが驚きの美味しさでした!!

いまだにこのカフェを越えるラテローンが思いつかないほどです、ほんとに。

遠くて気楽に行けないのだけど、カフェしに行きたいほど美味しかったのですよ。

f:id:nabikotan:20181109170646j:plain

夜のリバーサイドと言えば、アジアティークだと思うんですけど、さんざん来タイ友人とか家族とかが来たときだけ行った事がある場所ですが、今回自ら夜遊びしにアジアティークに行きました。

ヒルトンからは直行のシャトルボートがあるので便利です。

アジアティークからサパタクへ帰るボートはいつも超行列で疲れますからねー。

ご飯食べたり買い物(見るだけ)を楽しんだりしてボートで買える途中、婚礼パーティのボートと鉢合わせて、花火が上がったり音楽がなったりすごかったです。

f:id:nabikotan:20181109170923j:plain

ヒルトンに帰ってからは、てっぺんの展望バーへ行きました。

ジャズ演奏をやっていて、丸く円盤状のバーはどの席も窓際です。

夜のチャオプラヤーはきらきらして綺麗です。

このあとせっかくなのでルーフトップバーの方へ移動します。

展望バーからルーフトップはいったん店外へ出ないと行けないので、ドリンク持ったまま屋上へ、、、というわけではないのがやや残念です。

ルーフトップへ出ると、川沿いだからかなんなのか分かりませんが、すごい風でした。

ソファもふかふかでとっても居心地が良かったです。

ドリンクメニューは室内のバーと同じでした。

・・・翌朝はG階のレストランでビュッフェです。

すっごく多彩なメニューがあって大満足です。

朝食のあとはプールへ。写真ないですが砂浜があったり水のなかにデッキチェアーがあったりデザインが変わっています。(寒くて水には入れなかったけど)

たった1泊でしたが、リフレッシュしました。

そもそも人が作った朝食ってだけでもテンション上がりますよね。

たまにこれやりたい!て思いました。他のリバーサイドのホテル散策もしてみたいですね。