タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

バンコク・世界の切手展開催中@サイアムパラゴン5階

今日はお友達に誘われて、世界の切手展に行って来ましたよ。

入場無料です。

タイの古い切手や手紙の展示と、貴重なコインの展示と、となりのホールには世界各国の切手が買えるブースが立ち並んでいました。

f:id:nabikotan:20181128221224j:plain

ランチ後に行ったので会場到着は15時くらいだったと思います。

ちょうどステージで子供たちによるタイ舞踊をやっていました。

f:id:nabikotan:20181128221505j:plain

ストーリーは分からないのですが、みんなちっちゃくて可愛かったです。

緑の鬼の子が一番小さくて、冠が重たいのか頭がぐらぐらしていました。

f:id:nabikotan:20181128221616j:plain

ステージの手前にはホワイトボードが立ち並び、昔のお手紙や切手が展示されています。

個人的なお手紙に見えるのですが、いいのでしょうか。

タイ文字なので読めません。

f:id:nabikotan:20181128221717j:plain

王様の記念切手もたくさんの種類がありました。

f:id:nabikotan:20181128221757j:plain

ムエタイのモチーフの切手は、ムエタイの華麗な技が写実的に描かれていてアクロバティックなスピード感を感じます。

f:id:nabikotan:20181128221907j:plain

隣のホールに並ぶ、世界各国の切手&コイン販売のブースです。

ニッチな需要かと思いきや、とてもたくさんの外国人で賑わっておりました。

熱心にルーペで細かい絵をのぞき込んでいるファランのおじさんがたくさんいました。

ブースの中のスタッフは、その国から来ているようで国際色豊かです。

f:id:nabikotan:20181128222116j:plain

こちらのホールにも膨大な数のホワイトボードが立ち並び、切ってやお手紙が展示されています。

検品大変でしたでしょうに。

コレクターの人からしたら、じっくり全部見て回りたいほど興味深いものなのでしょうね。

私はコレクターではないですが、なかなか楽しめましたよ。

切手の魅力ってなんでしょうね。あの小さな面積に細かくて繊細な絵がぎっしり、その時代の流行とか切手で思い出すのかな?

公式WEBサイトもありますので、貼っておきます。→公式サイト

12月3日までやっているようです。