タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

チェンライ女一人旅②チェンライからメーサロンへの行き方

北タイ・チェンライに女一人旅で行ってみました。目的は、チェンライのさらに北の山奥・メーサロンという村に行くためです。

車の運転も出来ない私ですが、公共の交通機関を駆使すれば秘境の村にも行けました。

そんな旅の記録をお届けします。

www.nabikotabi.xyz

f:id:nabikotan:20190119124713j:plain

メーサロン行き方・チェンライからバスとソンテウで行く

山奥の秘境みたいな場所にあるメーサロンですが、チェンライからバスとソンテウを乗り継いで行くことが出来ます。

なかなか不安な行程だったので、詳しく記録していきますね。

まずチェンライバスターミナル1から、「メーサイ行」のバスに乗ります。

緑色の路線バスで、料金は乗車してから払います。

フロントガラスに「MAESAI」と書かれていました。

チェンライからまっすぐ北の果てがメーサイで、途中メーチャンという町でソンテウに乗り換えます。ソンテウが山の中へと入っていくのです。

f:id:nabikotan:20190119125041j:plain

メーサロン行き方・メーチャンでソンテウに乗り換える

このなんでもない道でバスを降りました。

メーサロンに行きたいんだと先に伝えておけば、ソンテウの目の前で降ろしてくれます。

ソンテウにはタイ文字で「キウサタイ」と書いてあり、運転手さんも「キウサタイ~」と呼び込みをしていました。

すでにソンテウに7人ほど乗っていたので、乗客にメーサロンへ行くか聞いてみました。

乗客のおばあさん 「メーサロン?行かないよ」

乗客のおねえさん 「行くよー」

運転手さん    「いいから乗りな」

不安ですが、乗り込みました。

そして私が乗ったらすぐに出発しました。ちょうど午前11時半です。

これが、乗客が集まったら出発スタイルなのか時刻表があるのか分かりませんでしたが、のちに知る事になります。

f:id:nabikotan:20190119125520j:plain

メーサロン行き方・キウサタイで別のソンテウに乗り換える

メーチャンの街はとても小さく、あっという間に田園風景ばかりになります。

どんどん山に入っていき、集落のひとつも見当たりません。

しかし道路は舗装されているので、乗り心地は悪くないです。

遠くに来たなぁ~っとこれからの旅の楽しみと不安に包まれます。

どんどん人が降りていき、結局一人になりました。不安、、、

f:id:nabikotan:20190119125705j:plain

メーチャンからソンテウに乗って50分後、キウサタイとやらに到着しました。

街でもなんでもなく、ただの駐車場です。

恐ろしく汚いトイレと、土産物屋がありました。

写真に移っている黄色いソンテウは、チェンマイ方向からタートン経由でやってきたソンテウのようです。

  • 東からはチェンライ→メーチャン→キウサタイの緑ソンテウ
  • 西からはチェンマイ→タートン→キウサタイの黄色ソンテウ

そして、メーチャンやらタートンやらからここに集まった人が、メーサロン行きのソンテウに乗り換えるのです。

10分後には出発しました。乗客は私を入れても3名程度でした。

f:id:nabikotan:20190119130033j:plain

 キウサタイからタートン方向へは検問所があり、メーサロンはその手前を右折してずっと道なりです。

どんどん坂道を登り、ぐねぐねと山道を走って行きます。

結構カーブしてる危ない道なのに、ソンテウはかなりのスピードでぐいぐい行きます。

助走をつけないと坂登れないのかな?

f:id:nabikotan:20190119130653j:plain

30分くらいで、メーサロンの村の入り口あたりのちょっと栄えてる辺りに到着しました。タラートになっていて、私以外の乗客は全員降りてしまいました。

しかしグーグルマップを見ると、私の泊まる宿はまだずいぶん先です。

運転手さんが、「メーサロン着いたよ。どこ行くの?」と聞いてくれました。

もっとずっと先の宿に泊まるんだけど、その前にレンタルバイクしたいと伝えました。

そしたら、運転手さんがレンタルバイクがありそうなゲストハウスに連れて行ってくれるとのことです。優しい、、。

f:id:nabikotan:20190119130936j:plain

連れて来られたのはこちらの「シンセンゲストハウス」です。

どうもソンテウの発着場にもなっているようです。

親切にも、運転手さんは一緒に宿のフロントまで来てくれて、私が他の宿に泊まる予定でレンタルバイクだけ借りたい旨を伝えてくれました。

オーナーがちょっと出かけてるから待ってねとフロントの人に言われ、待つ事になったので運転手さんとはここでお別れです。ありがとう。

f:id:nabikotan:20190119131217j:plain

ゲストハウスの受付奥に、ソンテウの時刻表が貼ってありました。

これを見ると、メーチャンからメーサロン行きのソンテウは11時出発になってる、けど私は11時半発でやってきました。

時刻表あるけど、人がいっぱいにならなかったから遅れたのかな?

危ないところでした。ソンテウは2時間に1本しかないようです。

帰りの時刻も分かったので安心です。このシンセンゲストハウス出発だそうです。

メーサロンでレンタルバイクを借りる

オーナーがすぐ戻ってきたのですが、ここにはギアチェン要のバイクしかないとのこと。

私、タイの免許持っていますが、オートマのスクータータイプでないと運転できません。

すると近所のオートマバイクがあるレンタルバイク屋を教えてくれました。

シンセンゲストハウスから、来た道を300メートルほど戻った坂道にありました。

小さくレンタルバイクっぽい看板が出ていました。

f:id:nabikotan:20190119131534j:plain

レンタルバイク屋、だれもいません。

ハローって声かけてみたけど、誰もいません。

しかしもうソンテウの運転手さんもいないし、自分でなんとかするしかない、、、

看板に書かれた電話番号に勇気をだしてかけてみました。

するとおばちゃんが出て、なんですか~?と。

私     「レンタルバイク借りたいです。」

おばちゃん 「どこにいますか~?」

私     「お店にいるけど、誰もいませんーー!」

おばちゃん「あ~はいはい待っててね~。」

そして少しすると、おばちゃんがバイクでやってきました。

1日250バーツ先払いしてバイクを手に入れました。

デポジットもパスポートも不要でした。

不安になって、パスポートのコピーとか要らないの?と聞いたら、そこまで言うなら念のため写真でもとっとこうかー?と私のパスポートコピーをスマホでパシャリ。

それだけでした。

この時点で13時半です。チェンライを10時30分に出発して、ようやくです。

借りたバイクに乗って、ガッタガタの山道を宿に向かって走らせます。

f:id:nabikotan:20190119132828j:plain

やっとチェックインしました。

バルコニーからは山しか見えません。素晴らしい眺望です。

本当に疲れました。スクンビットを運転するのとは、全然違います。

激しいアップダウンで、ブレーキ握りっぱなしか、アクセルふかしっぱなしかのどちらかです。

むしろオートマバイクじゃ危ないです。だからギア付きバイクが多いのかなー。

f:id:nabikotan:20190119133104j:plain

やっと珈琲休憩です。

珈琲を頼んだら、お茶もサービスでついてきました。

さすが茶処ですね。美味しい~。

そしてこの絶景です。空気も清らかです。

こんな素晴らしい景色の中、美味しい珈琲やお茶を飲みながら何も考えずぼーーーーとする贅沢、これがしたかったんです。

来るのに苦労しましたが、順調に乗り次いで迷わず来れました。

車の運転も出来ない私ですが、こんな山奥の村まで来れるんです。

だから諦めないで、世の中の珈琲&お茶好きな人に、メーサロンでの至福のティータイムをぜひ体験して欲しいです。

<チェンライからメーサロンへの行き方まとめ>

  • 0955 チェンライ空港出発 空港バス20バーツ
  • 1030 チェンライバスターミナル1出発 メーサイ行バス20バーツ
  • 1130 メーチャン出発 キウサタイ行きソンテウ30バーツ
  • 1230 キウサタイ出発 メーサロン行きソンテウ30バーツ

今回ほぼ待ち時間なしでした。待っても10分以内とかなり順調でした。

時刻表見ると、ソンテウは便が少ないので、メーサロンへ行く人は午前中に出発しなくてはなりませんね。

今の時期なら、涼しいし雨は降らないし、雲海も見れてしまいます。

メーサロンへの行き方も、情報は少ないけども行けることが分かりました。

交通費激安ですよね。

ちなみにメーサロンの物価も激安でした。(珈琲50バーツとか)

メーサロンでのあれこれは、次回に続きます。

つづく、、

↓ 参考になったらポチっとお願いします。


にほんブログ村