タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

タイで英語の勉強@AUAのレベルチェックテスト受けてきました

今週で長らく通ったタイ語学校が終了しました。

6ターム受けたので、360時間(そのうち文字240時間)もタイ語の勉強をしたことになります。

次なる目標は、6月に開催されるタイ語検定かなーとは思うのですが、タイ語漬けで疲れちゃったので、気分を変えて英語勉強してみようと思います。

そして昨日、タイ語のクラスメートだった日本人女性と連れだって、タイで60年も歴史ある老舗の英語学校「AUA」のレベルチェックテストを受けてきましたよ。

タイ人が英語を学ぶもっともポピュラーな英語学校AUA

f:id:nabikotan:20190301115330j:plain
AUAはタイ人が英語を習う、もっとも有名な学校です。

古くからあり、タイ各地に大きな学校を構えていることからも、その安定感が分かります。

私たちが行ったのは、MRTサムヤーン駅直結のジャムジュリスクエアビル21階のAUAです。受付も広くて綺麗。

実は私、かれこれ5年くらい前にもパタヤのAUAを1クールだけ受けました。

そこも広くて明るくて、先生は全員ネイティブ、クラス15人中日本人は私ひとりであとは全員タイ人でした。

そのタイ人ばかりというところが、なんか海外にいる感じがしていいですね。あわよくばタイ人の友達できてタイ語の勉強にもなるんじゃないかと期待しています。

そしてグループレッスンの料金が非常に良心的でお財布に優しいんです。

1クール30時間で4000バーツですよ!わおー。

AUAはレベルチェックテストが必須

f:id:nabikotan:20190301114918j:plain

AUAは語学レベルがかなり細分化しており、必ずレベルチェックテストを受ける必要があります。

WEBサイトで自分が行きたいブランチを選んで、まず直近のタームがいつからかをチェックします。

上のように見ると、今見る直近クラスは、平日は3月4日スタートですね。

でもその上に申し込みは2月28日までと書いてありますのでそれまでにテストを受け終わってから申し込まなくてはなりません。

つぎにテストの日程を調べます。

f:id:nabikotan:20190301115932j:plain

自分が行きたいブランチのWEBページに、テスト日程も書かれています。

こうして見ると毎日はやっていないですね。

昨日(2月28日)にテスト受けて、次の3月スタートのタームを申し込むのは、ぎりぎりだったようです。

テストの事前申し込みは不要で、テスト開始30分前に行って直接受け付けで今日のテスト受けたいと言って大丈夫でした。

パスポートとテスト代350バーツを持参しましょう。

テストに行ってびっくりしましたが、ざっと50人以上は来ていました。

まるで受験会場ですね。緊張します。

テストは、リスニング・文法・長文問題の3種類で1時間、マークシート形式でした。

はじめめっちゃ簡単な問題から始まって余裕~て思ってたら、どんどん難しくなって時間ぎりぎりでしたよ。

テスト1時間が終わると、20分くらいで結果発表だから待っててと言われます。

実際15分くらいで結果が張り出されました。まるで合格発表。

全員の名前とレベルが張り出されるので、ちょっとはずかしい、、、。

f:id:nabikotan:20190301120456j:plain

レベルはBronzeとかSilverとかいう名前です。

以前は1~15くらいの数字レベルだったのに、変わったみたいですね。

自分のレベルが分かったら、壁に貼ってある各レベルのスケジュールを見ます。

レベルによって曜日や時間が違うのです。

一緒にテストを受けに行った元クラスメートは、私よりランクが上だったので曜日も時間も全然かぶらない、、、。各自ひとりでがんばります!

テキストは授業開始日に買ってね、ということでした。

 

AUAで英語の勉強を始める費用まとめ

  • レベルチェックテスト 350バーツ(1年有効)
  • 平日クラス・2.5時間を週2回の学費 4000バーツ
  • テキスト代 660バーツ~680バーツ(レベルによる)

初期費用5000バーツ(17000円くらいかな)で30時間のグループレッスンが受けられます。

タイ人に大人気なのも分かります。

日本で英会話教室に通っていたころは、週1回1時間で月2万円も払ってましたよ。AUAに比べたら7倍!?

それを考えると、タイでネイティブ先生に習える英語学校って魅力ですね。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村