タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

バンコクから日帰り遺跡散策@ロッブリーの旅

最近暑すぎて何もする気がしないバンコク、ソンクラーン直前まではまあまあ屋外活動できる気温でしたよね、、、。

というわけで、猛暑直前に日帰りでロッブリーへ遊びに行ってきましたよ。

猿とクメール遺跡の街・ロッブリーはタイ国鉄で

f:id:nabikotan:20190422165927j:plain

ロッブリーはアユタヤより少し北、バンコクから120kmくらいの距離にある小さな街です。

ファランポーン駅から、タイの国鉄で2時間くらいで行けるんですよ。

トウモロコシみたいな形が特徴のクメール遺跡が、とっても状態よく残ってるのです。

しかも街が小さくって、徒歩でほぼ有名寺院は見て回れます。

バンコクからロッブリーへの行き方【国鉄】

f:id:nabikotan:20190422170224j:plain

まずはファランポーン駅へMRTで向かいます。

奥に入ると、電光掲示板で行先や時間の確認ができます。

これを見ると、上から3番目のチェンマイ行き8:30発に乗るとロッブリーを通ります。

タイ文字読めなくても、英語表記にもなりますからご安心ください。

さらに親切なことに、案内スタッフさんがちらほらいて、我々のような外国人がいたらさっとやってきてどこに行くか聞いてくれます。

f:id:nabikotan:20190422170511j:plain

そして窓口で並ぶように指示されます。

順番が来たら、行先を伝えるのですが、どうも急行と各駅停車でずいぶん金額が違うようです。

すぐ出発する8:30発の電車は急行で、一人なんと374バーツ!!

国鉄なのに高い、、、そして次の鈍行だと30バーツくらいなんですよ。

なんなのこの格差、、。

しかし次の電車は1時間後なあげくロッブリーまで3時間かかるそうなので、ここはお金払って急行にしました。

f:id:nabikotan:20190422170859j:plain

国鉄のWEBサイトを見ると、急行列車は綺麗でふかふかのイスにエアコン車両という写真が載っていたので、高いけど快適ならいっかーと思っていたのですが、、

実際はごらんのように、ぼろぼろでした。

イスはすべての座席で裂けていました。

しかも夫婦一緒にチケットかったのに、だいぶ席離れてるし、、、うう。

ひとり無言の2時間列車の旅でした。

旦那さんの方は、隣の人がおならやげっぷしまくりでかなり辛かったそう。笑

ロッブリーは猿だらけな街

f:id:nabikotan:20190422171446j:plain

ほぼオンタイムにロッブリーに到着しました。

タイの鉄道は遅れるってよく聞くけど、この日はそんなことなかったです。

さっそくお猿の像がお出迎え。

f:id:nabikotan:20190422171627j:plain

カンカーンと鐘がなって電車はチェンマイへ向かいました。

駅員さんが素敵な笑顔をくれました。

この駅には綺麗なトイレがあるので安心です。

町中が壮大なクメール遺跡だらけ

f:id:nabikotan:20190422171810j:plain

駅前にもいきなりこんな遺跡が、、、

大きすぎてカメラに収まりません。

空は快晴、緑の芝生に遺跡がとっても映えます。

f:id:nabikotan:20190422172200j:plain

アユタヤ遺跡とはまた違った雰囲気の遺跡群です。

状態もよくて、摘まれた石とか彫刻が細部まで綺麗に見ることができます。

こんなすごい遺跡が、入場料50バーツで見ることができます。

大きいので入らなくても見れるくらいです。

f:id:nabikotan:20190422172413j:plain

駅から歩いて10分くらいで、このロッブリーといえばこれ!っていう3つの仏塔が有名なお寺に到着しました。

名前を「Phra prang sam yod」というそうです。

猿まみれです。こちらも入場料は50バーツでした。

希望すれば、猿よけの木の棒を貸してもらえます。

f:id:nabikotan:20190422172612j:plain

猿が多くて本当に怖いです。

目があったらウキーって威嚇してくるんですよ。

タイは狂犬病があるので、絶対に噛まれないようにしないとです。

目を合わさないように早歩きで遺跡を見学しましょう。

f:id:nabikotan:20190422172746j:plain

ひとしきり遺跡見学を堪能したら、つぎに博物館に行って来ました。

この博物館はタイの英雄ナライ王のパレスのようです(パンフレットが英語なので読解いいかげんですみません)

美しく完璧に手入れされた庭に、ピカピカの宮殿が博物館になっています。

なんと入場無料!

中にはロッブリーの歴史について、とか破壊された仏陀像とか、昔の人々の暮らしなどが展示されています。

宮殿の隣には、ナライ王の像があります。

昔は金ぴかだったのだろうと思われる、ところどころが金ぴかに輝いていました。

f:id:nabikotan:20190422173110j:plain

剣を持った姿、かっこいいですね。

タイ人らしき訪問者たちは、みなワイしていましたのでそれに習います。

f:id:nabikotan:20190422173241j:plain

遺跡には大木が食い込んでいて、歴史の深さをうかがい知ることができます。

ロッブリーに到着したのは10時半、遺跡2か所と博物館をゆっくり見て回っても14時にはもう帰ろうかなってなりました。

とにかく暑くて暑くて、額や首に汗がだらだらと流れ落ちる経験を久しぶりにしました。

岩盤浴くらい汗かきましたよ。

そして、こんなにもコーラが美味しいと思った日は、人生で初めてかもしれません。

ロッブリーは日帰り遺跡観光に最適の街

f:id:nabikotan:20190422173622j:plain

丸一日ひまで、どっかタイらしいとこ観光したいなーでもアユタヤは行ったしなーとかいう場合にロッブリーはいかがでしょうか。

日帰りで十分楽しめるし、なんだか久しぶりに観光客みたいなことができて楽しかったですよ。

こんなにも素晴らしい遺跡がたくさんあるのに、アユタヤみたいに観光客が来ていないのが不思議なくらいでした。

この日は日本人観光客はひとりも見なかったし、博物館にいたのもほぼタイ人家族とかでした。

交通の便はそんなに悪くないと思いますよ。

ちなみに帰りは、ロットゥーで帰りました。

f:id:nabikotan:20190422173906j:plain

ロットゥーは駅前に待機していて、BTSモーチットまで一人120バーツでした。

もし帰りも電車で帰るなら16時発があったのだけど、バンコク着がまさかの20時で、とてもじゃないけど疲れすぎて4時間も電車に耐えられそうになかったのでナシ!

こういうところが観光客がどっと来ない理由かもしれませんね。

自由気ままな個人旅行なら、ロッブリーは良い旅先だと思います。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村