タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

【タイ人と働く】タイ人従業員は実年齢のマイナス10歳くらいに思っといた方がいい話

タイ人と働いているといつも感じるのが、タイ人ってば子供だな~と思うことです。

仕事する上では、それはいかんやろー!!みたいな事の連続です。

きっとタイに来たばかりでいきなりタイ人多数と働くことになった日本人の皆さんも、同じようなストレスというか苦労があるのじゃないかなと。

そんなタイ人と楽しく働くためには、もう彼らは実年齢より精神年齢はだいぶ若いんだと思って諦めたほうが楽になれます、そんな話です。

※タイ人の悪口ではありません。

タイ人の言う「絶対だいじょうぶ!」は全然大丈夫じゃない

f:id:nabikotan:20190915123156j:plain

タイ人の言う「絶対だいじょうぶ」、この言葉に何度だまされてきたことか、、、。

だますつもりはないんでしょうね、確認もしないで適当に答えてしまっているだけなんですね。

例えば我が製造業の現場では、納期までにあれを外注して戻ったらうちでこれして、とかプロセルがいくつもあって、日数考えて仕事進めないと間に合いません。

顧客から、いつまでにあれを何個納品は大丈夫ですかね~?なんて問い合わせが毎日のようにありますが、タイ人に聞くと秒速で「だいじょうぶです」と答えます。

そっかだいじょうぶか、と信じて顧客にそのまま即答してしまうと、翌日になって再確認時に、

「え?まだ外注から戻ってないんですから、間に合いませんよ」

と、いともあっさり納期遅れと言い放ちます。

昨日は大丈夫って言ったじゃない?て聞いてみると、ぽかーんとした顔されます。

(昨日のこと覚えてない??)

もう最近では「担当タイ人は間に合うと申しておりますが物が戻るまで安心できませんので確認とれるまで少々お待ちください」としっかり確認してから回答するようになりました。(←あたりまえか)

そして毎日、あれはいまどこにあるの?いつまでに戻すように伝えてとか自分で把握するようになりました。

タイ人は仕事に私情をはさみまくる

f:id:nabikotan:20190915125001j:plain

これは日本の職場ではなかった悩みです。

職場で好き嫌いはそりゃああるでしょうけど、日本人だと胸に秘めて言いませんよね。

しかもわざわざ上司に言いませんよね。

この好き嫌いとか、自分の感情を職場に丸出しにしてどのように仕事に悪影響したかの実例をあげてみました。

①あの人と一緒なら、この会議行きません

片道1時間以上かかる客先で重要な会議がある時、人員的にあの人とこの人と、、て考えて行くよう指示します。

でもある男性社員は、あの人と一緒ならその会議行きたくないですと言います。

理由は嫌いだから。あちらもその従業員の事が嫌いなんですって。

「だってあの人、ボクの事ムシするんだもん」

「マネージャーが一緒に行くならボクも行きます」

②お互い嫌い過ぎて一緒に仕事は困難です→部署移動希望

2人の従業員が神妙な顔で、ちょっと話がありますと言ってやってきました。

話の内容は「われわれは仲が悪すぎて一緒に働くのはムリです、部署移動を希望します」というもの。

彼らの部署はもくもくと一人一台の機械に向かって仕事する部署です。

となりの機械の従業員が嫌いとかで部署移動するほどなんでしょうかね。

仕方ないから片方を部署移動して解決したつもりでいました。

③都合が悪いことは自分じゃないと言い張る(忘れた?)

②のあと、今度は「なんで部署移動したんだ!」と抗議してきました。

なぜならベテランを部署移動されたら仕事が回らないとのこと。

あんた仲悪いから部署移動したいって言ったやないかー!!

「そんなこと言ってません、誰が言ったんですか?」

もう開いた口が塞がりません。

ちなみに私の語学力の問題で勘違いしたわけではありません、人事や現場監督のタイ人も一緒に聞いた話ですからね、、、あぁ疲れる。

④他人の海外出張を「ズルい!!」と言う

日本出張、海外に行った事のないタイ人従業員からしたら、そりゃあ魅力的かもしれませんよね。

でも遊びに行くんじゃないよ、仕事だよ。

いくら言っても、あの人ズルい、2回目じゃん、なんでなんでー!。と大騒ぎです。

いやいや、彼は日本でやるべき仕事があるから出張させるのよ、あんた日本に行ってもする事ないでしょーが!!

⑤あの人私に仕事おしつけます!との愚痴が悪口に発展

とあるタイ人従業員のN子が、相談があるとのことで呼び出しです。

内容は、同じオフィス内の従業員A子がN子に仕事を押し付けるとのこと。

サプライヤさんへの連絡はA子の仕事なのに、、とのこと。

その仕事、いつから押し付けられてるの?と聞くと、2年とのことです。

ちなみに言って来たN子は勤務2年です。

ん?最初からやってる仕事ならもはやN子の仕事ではないでしょうか。

最初からやってるなら、もう仕事内容も分かってるし継続してくれないかな?

と打診すると、、

だいたいA子は忙しいって話を聞いてくれない。

そんなにインボイス作るのが大変なら私がやります!

(私心の声:インボイス作る方がサプライヤに連絡より大変だよ?)

A子はそもそも休憩時間以外に冷蔵庫にドリンク取りに行くし!

私心の声:ドリンクはいつ飲んでもいいよ)

去年はラジオ体操も出てなかったんですよ!

私心の声:去年の事言われてもいまさらどうするよ?)

とまあどうでもいい話が広がる広がる、もう悪口でしかありません。

しかも内容が幼稚すぎます。

タイ人従業員は実年齢のマイナス10歳くらいに思っといた方がいいという結論

f:id:nabikotan:20190915131231j:plain

そんなこんなで、タイ人従業員の話をいちいち真に受けてたらとても疲れます。

いい大人が何を言ってるんだい?てうっかりイライラしてしまいそうになります。

感情丸出しなのはタイ人の素直でいいところ、とも言えるし国民性もあるのであきらめましょう。

実年齢よりマイナス10歳くらい、25歳のあの子は15歳なんだ、と思えばふに落ちる感じがします。

私は自分がストレス溜めないために、そのように考えることにしました。

今現在ストレス溜めてる方、マイナス10歳と考えてみたら気持ちが楽になりますよ。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村