タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

アユタヤは遺跡観光だけじゃない☆お洒落カフェと美味しいレストランで旅を満喫

先日のタイ3連休でアユタヤゴルフ旅行に行ってまいりました。

ゴルフの様子は前回の記事にまとめています。

www.nabikotabi.xyz

このアユタヤ旅行はゴルフをすることともう一つ、夜ライトアップされた遺跡を見ることが目的でした。

そしてせっかく泊まりで訪れたアユタヤですから、美味しいタイ料理と素敵なカフェ散策も楽しもうと探したら、驚くほど素敵なお店がたくさんあったのでご紹介します。

レストランが充実・アユタヤはエビが美味しいってご存知ですか?

f:id:nabikotan:20191018220214j:plain

アユタヤの夜は、リバーサイドの素敵なタイ料理店でエビを食べようと心に決めていました。

アユタヤはエビが美味しくて有名らしいですね。

こちらのお店は初めてですが、口コミの良さやレビューの多さ、立地の良さや店構えなどから見つけたお店@DE RIVA AYOTHAYAです。

私が知らない街でレストランを探す時は、まずは日本語でWEB検索、つぎにグーグルマップでレビュー検索などをします。

グーグルマップのレビューはあらゆる国籍の人が良い事も悪い事も書いているので、とても参考にしています。

そして訪れたこちらのお店は、大正解でした。

この写真のエビ、おすすめ料理なんですけど一匹500バーツです。

手のひらより大きなエビで、ミソたっぷり!

このミソが濃厚で甘くて香高くて、、、他の調味料いりません。

ぷりぷりで香ばしくて、あんな美味しいエビ初めて食べましたと言ってもいいくらいです。

大人になると(アラフォーともなると)、料理が美味しくて感動することってなかなかなくなってくるのですが、その感動をもう一度味わえる美味しさでした。

どこで食べたものより美味しかったアユタヤのプーパッポンカリー

f:id:nabikotan:20191018220912j:plain

そして私の大好きなタイ料理の一つ、プーパッポンカリー(カニの卵カレー)です。

こちらのお店のプーパッポンカリーはソフトシェルクラブを使ったものです。

そのため、大きなカニも殻ごとむしゃむしゃ食べられます。

バンコクにはプーパッポンカリーが美味しくて有名なお店がいくつもありますが、そのどこで食べたものより、アユタヤのDeRivaで食べたものが美味しいと思いました。

カニの風味がしっかりと生きている甘くてふわふわな卵カレー、もうゴハンが進んで仕方ありません。

アユタヤの川エビを使ったトムヤムクンも絶品

f:id:nabikotan:20191018221334j:plain

トムヤムクンって、タイ料理の中でも辛い・酸っぱい・甘い?といった複雑で絶妙な味を美味しく仕上げた代表料理ではないでしょうか。

自宅では絶対に作れない、、食べられないもの(茎とか皮とかなぞの香草)もたくさん入っていて食べにくいですが、本当に美味しいですよね。

このお店の料理はもう、なにを食べても美味しいことが分かりましたがトムヤムクンもとっても美味しかったです。

スープをすくうスプーンの手が止まらないほどでした。

アユタヤはたぶん物価が安い・レストランのお会計に驚き

f:id:nabikotan:20191018221821j:plain

夫婦二人での夕食だったので、あまり数が頼めず残念なところですが、また来たいと思えるお店に出会えてよかったです。

さて、こちらの素敵な門構えのお洒落レストランだったわけですが、その価格の安さにも驚きました。

  • プーパッポンカリー 280バーツ
  • トムヤムクン    150バーツ
  • エビ丸焼き     500バーツ
  • シンハービール   120バーツ
  • ゴハン×2                    50バーツ
  • 水         20バーツ

合計(税込み):1120バーツ

この料理の内容、バンコクだったら倍しますよ!

アユタヤにはお洒落カフェもいっぱい・人もいっぱい

f:id:nabikotan:20191018222412j:plain

さて、おなかいっぱいになったら食後の珈琲を飲みたくなりますよね。

アユタヤのカフェはどんなもんかしら?

リバーサイドを車でノロノロ走りながらカフェを探しました。

なんだかお洒落そうなカフェを見つけたので入りました。

ここもなんともお洒落で個性的なお店でした。

アユタヤって田舎街だし、遺跡しかないのかなーと思っていましたがごめんなさい。

素敵なお店がたくさんあるのです!

リバーサイドはとくに、人が多すぎて入れないくらい大盛況なお店が立ち並んでいます。

おもちゃ箱みたいな店内@Ton Mamuang Cafe

f:id:nabikotan:20191018222644j:plain

ディナー後に立ち寄ったので、時間はおそらく19時半くらいですが満席でした。

連休の影響もあるのでしょうけど、タイ人のカップルや家族ずれでいっぱいです。

こちらのお店は、店内がおもちゃ箱のように賑やかでした。

店長の趣味なのか、可愛い雑貨や怪しい置物で溢れていました。

f:id:nabikotan:20191018223052j:plain

ワッフルやハニートーストのメニューが豊富でした。

もうお腹いっぱいなので、珈琲のつまみに小さなワッフルを注文。

味はまあ、可もなく不可もなくです。

この木製のお皿、ウサギの形してるのです。

耳にリンゴとホイップクリーム、メルヘンで可愛い盛り付けです。

珈琲にもジャスミン茶とビスケットが付いてくるし、食器も凝っているので、おもてなしに力を入れてるように感じました。

アユタヤで本格コーヒーとケーキのカフェ@The Jim's Cafe

f:id:nabikotan:20191018223412j:plain

翌日はアユタヤ遺跡観光をしたあと、お洒落カフェで一息ついてからバンコクに帰りました。

このカフェは、グーグルマップでカフェ検索して、評価の高かったカフェとして出てきたThe Jim's Cafeです。

本当は軽食などあればベストだったのですが、食べ物はケーキしかありませんでした。

しかし中に入ると珈琲の香ばしい香りがしており、店内は明るくてモダンで緑もいっぱい、こんな田舎にこんなハイセンスなカフェが??と驚くようなカフェでした。

f:id:nabikotan:20191018223725j:plain

私の注文したカフェラテ、いかにも美味しそうですよね。

ラテはクリーミーできめ細かく、珈琲の苦みはしっかり!期待通りの美味しさでした。

ラテなのかストレートなのかで、挽く豆を使い分けているようでした。

夫が注文したストロベリーヨーグルトスムージーは、ものすごく美味しかったそう。

そしておすすめらしいブラウニーは、ビターチョコの風味豊かで濃厚。

昼を過ぎるとどんどんお客さんが入ってきて、あっという間に満席になりました。

みんな珈琲とケーキを注文していました。

ケーキは、ミルクレープやチーズケーキにショートケーキと、魅力的な品ぞろえでした。

またアユタヤに来ることがあったら寄りたいなーと思ったカフェです。

ちなみに遺跡見学とかなにかのついでに行くには、辺鄙な場所でした。

それでもここを目指して来る人があんなにもたくさんいるのですから、その実力たるや本物でしょう。

以上、アユタヤで見つけた美味しいタイ料理店とお洒落カフェでした。

(場所は店名でググってみてください)←不親切

ちなみに、今回のアユタヤ旅行の目的のひとつ、夜ライトアップされた遺跡を見るという目的は、達成できませんでした。

夜の遺跡は、どこもライトアップされていませんでした!!!

日が悪かったのかたまたまなのか、いつもはやっているのか、分かりません、、、。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村