タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

バンコクいちの老舗日本料理店・創業80年の花屋@チャルンクルン通り

バンコクで一番古くからある日本料理店は、バンコクで一番古くに整備されたという道、チャルンクルン通りの脇に入ったところにあります。

創業80年という驚きの歴史を持つ、老舗中の老舗が花屋(はなや)です。

先日リバーサイドで連休を過ごしたので、最終日のランチはここに来ようと決めていました。

地元タイ人に長年愛される和食の鏡的な存在・花屋

f:id:nabikotan:20200213220142j:plain

平日のお昼時もいつも満席なのですが、この日連休の最終日に行きましたがやはり変わらず満席でした。

客層は私たち以外はタイ人のようでした。

平日だと日替わりランチというのがおすすめで、あまり頻繁に行ける場所ではないけどいつもそれを頼んでいました。

この日は祝日扱いで日替わりランチがなかったので、天ぷら定食を注文。

さっくさくの薄い衣で、素材の味が引き立っていてとても美味しい天ぷらでした。

天つゆも、市販で買ったものではなく一から作っている奥深い味でした。

なんというか、味は薄めなのにしっかり風味が感じられるやつです。

嬉しいのが副菜でついてくる煮物です。

柔らかく煮こまれた大根や茄子のなんと美味しいことか!

関東人の夫は味が薄いといいますが、いやいや和食の基本の出汁が効いてますよ、めっちゃ丁寧に作りこまれた料亭の味ですよ!

地元タイで採れた魚を使ったお寿司も手ごろで美味しい

f:id:nabikotan:20200213220557j:plain

お寿司も海鮮丼も種類が多く、価格帯も幅広い(270~1500バーツとか)なんですが、ここはランチなので懐に優しい270バーツのお寿司をチョイス。

タイの地元で獲れた魚なんだそうです。

輸入の刺し身を使ったお寿司より、ちゃんとしている気がします。

やはり新鮮で美味しい食材は、地元のものがいいですよね。

f:id:nabikotan:20200213220802j:plain

メニューを一部ご紹介します。

定食のページを選んでみました。

200バーツからととてもお手頃な価格なんです。

セットに付いてくる煮物やみそ汁が、非常に手間暇かけて丁寧に美味しく作られたものなのに、こんなに安く提供しちゃっていいのかしら?

と心配になるほどです。

これが日替わり定食だと、お刺し身・煮物・焼き魚・お椀・くだものといったように、割烹料理の基本を押さえたものなんですよ。

初めて来店して日替わり定食いただいた時は、感動したものです。

なびこは昔、仲居を経験したことがありますが、その時サーブしていた割烹料理のコースそのままやん!と思いました。

和食って技術の天井がないんですよね、手を込めるだけ込めて限界なくどんどん美味しいものが作れる、本当にすごい料理なんです。(と思います)

そんなことを思い出せる花屋さんなのでした。

花屋のあるチャルンクルン通りとは歴史深い通り

f:id:nabikotan:20200213221312j:plain

チャルンクルン通りとは、BTSサパーンタクシンからMRTファランボーンの間に上下に伸びる通りで、バンコクで初めて作られた舗装道路なのだそうです。

いまではサパーンタクシンの船着き場から、アイコンサイアムやリバーサイドのリゾートホテル群に行けたり、ルーフトップバーがあちこちあったりと新しい建物も目立ちます。

かたや、古き良き中華な雰囲気もある歴史深い建物も数多く残っています。

花屋までは駅から歩くにはちょっと遠い&暑いので、バスに乗って行きました。

f:id:nabikotan:20200213221548j:plain

バスだとロビンソンの前から、1番か75番に乗って、中央郵便局の前で降りると花屋まですぐです。

バス代金はひとり10バーツでした。

窓開けっぱなしのぼろぼろバスで走り抜けるチャルンクルン通り、気持ちいいですよ。

f:id:nabikotan:20200213221701j:plain

写真は中央郵便局です。

立派な建物ですよね。

郵便局だけではなく、TCDCという図書館みたいなコアワーキングスペースみたいなものも入っています。

屋上みたいなとこから外に出れて、見渡す景色もなかなか風情があります。

f:id:nabikotan:20200213221840j:plain

近くにはシープラヤの船着き場もあるようですね。

歩道に敷かれた緑のラインをたどって行けば船着き場に行けるみたいです。

このあたりの道路向かいの脇道に入ると、花屋がもうすぐです。

f:id:nabikotan:20200213221934j:plain

見えますか?奥のオレンジの看板です。

入り口小さいですが、あそこを左に入ると広い駐車場になっていて、ベンツやBMなど高級外車で埋まっています。

そう、花屋はタイ人富裕層にとくに人気みたいです。

場所的になかなか行けないのだけど、リバーサイドで遊ぶとか宿泊の予定があるなら立ち寄りたいお店です。

スクンビット界隈からわざわざ行ってもいいくらいだけど、この辺夜は真っ暗だし、帰りのこととか考えるとなかなか来れないんですよね。

だから、晴れ上がった昼間のランチにおすすめです。

創業80年にすごく驚いたけど、この人気な様子だと余裕で100年経っちゃうんでしょうね。

いま3代目とのこと、長生きして欲しいし後継者育てて欲しいです。

地図貼っておきますね。

こうして地図見ると、最寄駅がないなあ。

でも食後は運動にとサパーンタクシン駅まで歩きましたが、道がまあまあ綺麗で歩きやすかったので疲れませんでした。

食べ過ぎた後には、ちょうどいい運動かもしれません。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村