タイで仕事中・なびこのバンコク暮らしと旅話

タイ・バンコク暮らしの日常話と、たまに旅話。なんとなく移住したタイですが、7年目に突入しました

サイアムケンピンスキーホテルのアフタヌーンティ

今年はじめてのアフタヌーンティは、サイアムケンピンスキーホテルに行ってきました。

定例お茶会がアフタヌーンティという謎の集まりです。

単なるおじさんおばさんの井戸端会議なんですけどね、場所がホテルでアフタヌーンティっていうとなんとなくお洒落ですよね。

たまにはメイクして出かけないとね。

バンコク都心の真っただ中・絢爛豪華なサイアムケンピンスキー

f:id:nabikotan:20200301193556j:plain

天井が広くてキラキラに輝く床ですよ。

ハープの生演奏も贅沢ですよね。

この写真に写っている右手がアフタヌーンティが楽しめるカフェとなっています。

バンコクの真っただ中、サイアムパラゴンの奥にあるケンピンスキーホテル、こんな都心にこんなにも広々としたスペース確保できるなんて、凄まじい資金力なのでしょう。

コロナ対策か、入り口ですべての人の熱を測っていました。

私何度でした?てみたら35.4度でした。

低すぎて心配だわ体温計壊れてないですかね。

甘い・スコーン・しょっぱいの基本三段プレート

f:id:nabikotan:20200301193928j:plain

こちらがアフタヌーンティセットです。

これに選んだドリンクが付きます。

紅茶はお湯を足してくれますが、どんどん薄くなるので足してもらい過ぎには注意が必要です。

1セットが税・サービス込みでだいたい900バーツくらいでした。

2人セットで1300バーツくらいのアフタヌーンティが世に溢れる中、ややお高めかなと感じました。

周りを見渡すと、カップルで1セットをシェアしている人がちらほらいました。

ちょっとお茶するくらいなら、それで十分ですよね。

やってきたのは、基本の三段プレートです。

f:id:nabikotan:20200301194252j:plain

いちばん上は甘いシリーズ。

なんとなく赤いスイーツたちです。

春を意識してるのかな?

f:id:nabikotan:20200301194335j:plain

真ん中はスコーンです。

パサパサでした。

f:id:nabikotan:20200301194356j:plain

いちばん下がしょっぱいシリーズ。

真ん中のカップケーキみたいなキャビア乗ったカニ?の何かっぽいものが美味しかったです。

ベーコン乗ったスコーンは、上の段にスコーンあったのにもういいのにと、、、パサパサだしね。

文句ばかり言いうなと言われそうですが、もうちょっと美味しくしてくれたら嬉しいと思ったのでした。

アフタヌーンティの魅力は、何時間も茶菓子をつまみながらだらだらすること、

だからフカフカのソファと楽しい仲間たちがいれば満足です。

しかし他のホテルのアフタヌーンティと比べるとしたら、ケーキの美味しさや内容の充実を考えると、今のところスコータイホテルが良かったなぁ。

www.nabikotabi.xyz

スコータイホテルのチョコビュッフェは、また行きたいなー。

さて今回も参考になるようなならないようなご紹介でした。

↓ 参考になったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村